2011年03月23日

フィルム現像時の失敗や謎、まとめ

フィルム現像の際に失敗したり、原因がわからずに上手くいかないケースをまとめてみました。

1)現像タンクにフィルムを巻きつける時  
 
・フィルムが傷だらけになる・・・・・・砂埃の中で撮影したのでなければ、フィルムが何かの異物に頻繁に触れるのが原因です。知らず知らずのうちにハサミに触れたりリールの金属部分に触れたりしていませんか?

・フィルムに光がかぶってる・・・・・・具体的な記憶がなければ、ダークバッグでの作業中に腕時計の蛍光塗料が影響したということも考えられます。汗をかきやすくもなりますので、腕時計は外しておいたほうが賢明です。あとフィルムを切り離す際、手探りでハサミを使うことになりますからダークバッグを切りつける「帝王切開」にご注意ください。

・フィルムをリールにうまく巻けない・・タンクやリールの種類にもよりますが、リールに巻きつける、というよりはリールの溝に沿ってフィルムを送り込んでいく、という解釈のほうがいいでしょう。引っ張ったり、力を入れるポイントはほとんどありません。


2)液をタンクに注入する時とその後

・フィルムにムラが出来てしまった・・・薬品を注入してトントンとタンクを叩いてください。そうしなければ気泡ムラが出来てしまいます。また、一定時間ごとに撹拌をしなければムラが出来てしまいます。さらに現像液が少ないとまだら模様になります。古くなった現像液の反復利用も形は違ってもまだら模様となります。ご注意ください。

・フィルムにひび割れ模様が出来た・・・最近ではあまり見かけませんが、冬場など現像液は20度なのに、停止液が5度という極端な場合、まれに温度差のためにこのようなことが起こりえます。20度基準で処理を行うのは現像液だけではありません。

・フィルムベースがピンク色に・・・・・定着不足や定着液が古いとこうなる場合があります。ただし、フィルムのベースの特性でこういう色をしている場合もありますので一概には言えません。水洗から乾燥まで終える段階で通常のベースの色に戻るものもあります。
  
 
 
posted by 暗室奉行 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 失敗分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

東北・関東大震災

東北・関東大震災で被災され、亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。
また、今も避難所でつらい気持ちで過ごされている方の一日も早い回復と、瓦礫の下で極限と闘いながら救助を待っている人々の一刻も早い救出を心から望みます。

私事ながら、阪神大震災で「震度6」を経験いたしました。
当時の恐怖はとても口で語れるようなものではありません。
停電。つながらない電話。ガス臭い通路。余震の不安。屋根瓦がすべて落ちた家屋。
しばらくは、すぐに逃げられるように靴を履いたまま寝ました。

後で思えば、まだ自分の場合は軽度だったけど恐ろしかったです。
今日もテレビから目が離せません。

余震・原発と不安な要素が多々ありますが、これ以上被害が拡大しないことを切に望みます。

posted by 暗室奉行 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

ホコリ対策を考える

暗室の重要なポイントはまず遮光、水廻りの便利性、設置場所の安定性などが挙げられますが、意外と忘れがちなのがホコリ対策です。
人が動く限りホコリが舞い飛び、それは露光中の印画紙の上に舞い落ちて大なり小なりの害を与えてしまいます。
完全にホコリのない場所選びなんて本来はムリな話。
まぁ、付いてしまったらスポッティングで何とかするしかないんですけど・・・・・

暗室の環境は人それぞれで違うけど、すきま風が入らない環境ならホコリの点ではそう大きな問題にはなりません。
ただ、換気対策としてエアクリーナーなどを稼動させた場合、エアの噴出し口付近にホコリっぽい場所があるとこれは問題です。
また、意外とこのエアクリーナーは部屋の臭気を循環させることで、人によっては気分が悪くなるようで考えものです。

話を戻しまして・・・・・

ホコリはどうしても重力で下に落ちてくるんだけど、厄介なのがネガに付着したホコリ。

特にガラス付のネガキャリアを使用した場合、ほぼ確実にホコリを挟んでしまいます。
これを取り除くのは面倒な話です。
特に両面ガラスのキャリアの場合、上のガラスの表裏、下のガラスの表裏、さらにはネガの表裏と三箇所六面のホコリを払う必要があります。

ちなみにガラス付のネガキャリアを使うメリットが解らない、と言う方のために解説しておきますと、ガラス付の方が放射熱によるネガのカールが起こりにくく、
それ故、周辺部へのピントの廻り方がガラスなしに比べて精度が高い、というわけです。ただ、問題点はガラスを挟んだ分、解像度が少し落ちるのと、ガラス面にキズが付かないように管理する必要があることと、ここでいうホコリ対策が必要になるのです。
いや、値段も少し高いんですけどね。

さて、多くの方が焼付けの際に、ネガやガラスをブロアでシュッ、シュッとしてから始められるようですが、作業するうちにホコリの害が出てくるのはよくあることです。
水洗を終えたプリントが乾燥してから、イトミミズのような白い痕跡を見つけたら、もうスポッティングする気にもなりません。

何とかならないものでしょうか。

どうにかしたいですよね。

どうにかしたいのは次の二点。

1)付いたホコリを効率よく取る方法

2)ホコリを寄せ付けないガラスキャリアに出来ないか


1)の場合、ブロアでマメに取るのが面倒な方は、昔の粘着式のロールになったレコードクリーナーを使ってみることをお勧めします。でも、探すの大変かなぁ。

2)の場合、完全にはムリだけど、処理した後にホコリを寄せ付けにくくする膜を形成する業務用の特殊クリーナーがあります。私はこれでガラス部分を拭きました。
ちょっと紹介しておきます。キンダイケミカル株式会社の「ブルーブライト」という商品がそれです。ある意味、究極のクリーナーだと思いますが。

http://www.kindai-chemical.jp/bluebright.html 
   
プリントが出来上がったあとのスポッティング処理は出来ることならやりたくないものです。
暗室作業にのめり込んでいくうちに時間、忍耐、そしてホコリと戦うことを自覚していくのは誰もが経験することです。

出来ることならホコリは勘弁して欲しいところですね。






posted by 暗室奉行 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 暗室について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。