2011年01月08日

失敗からの脱出…ステンレスタンク編

00000e.jpg

現像タンクでステンレスのタイプを使っている人は、想像では誰もが一度は巻き込みの失敗をしていることでしょう。私もそうでした。ダークバッグの中でリールの溝面を指でなぞり、フィルムの突起が確認できたら、「しまった!!」という気分になりますよね。

つまり、ちゃんと巻けている場合は突起なんか出来ないのです。突起の現れたところから巻き直しです。こうして、現像前にリールに巻く段階でフィルムは少しずつダメージを受けていくんでしょうね。何とかならないものでしょうか。ということで、フィルムをリールに巻きつける時のコツをご紹介いたします。以下、写真で紹介しますが、すべてダークバッグの中での出来事と理解して下さい。

a.「巻く」という感覚ではなく、実際は「溝に滑り込ませる」というような感覚です。力は要りません。

000000j.jpg

b.きちんと巻けている時は36枚撮りの場合、リールの最後で止まります。

00000f.jpg


c.巻き始めのフィルムを固定する際、爪をペンチで折り曲げている人もいます。(個人の工夫です。メーカー推奨の方法ではありません。あくまで自己責任でお願いいたします。)

00000k.jpg


d.余談ですが、フィルムのプラスチックケースの蓋を二枚用意し、リールの下と上に置いてタンクに蓋をします。こうして現像作業をすると、撹拌時は中のリールが踊らずに液だけが対流するので、ムラが出来にくくなります。

00000g.jpg

00000i.jpg

要点:フィルムは「巻く」のではなく、リールの溝に「滑り込ませる」と理解する。
   フィルムの先端がきちっと固定していなければ、「送り」が不安定になる。
posted by 暗室奉行 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏ワザ・小ワザ・珍ワザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。