2011年02月25日

パネル張り・・・黄色いシミとの闘い。

高校写真部の発表の定番、パネル張り。

言葉を聞くだけで、懐かしいな、と感じる方は多いでしょう。
暗室でプリントしている時には、何となく創作活動ではなく、理科の実験の延長のような感じがしたものです。
それがパネルに貼られて世間の日の目を見る、となれば別の気合のようなものが生まれてくるようです。

パネル張りは、ご存知ない方のために説明すると、水洗後の写真を濡れたまま木製の板の上に置き、周囲をホッチキスでいくつも留めて、裏に糊のついた化粧テープを巻きつければ一丁あがりの仕上げ方法です。印画紙がブカブカでも乾燥した後のピンとなった姿はちょっと想像しにくいところですが、私はバライタ印画紙が一番生きる仕上げ方法だと思っています。
(ちなみにRCタイプの印画紙はダメ。ブカブカのままです。)

ところで、暗室でプリント作業で苦心して仕上げたのはいいけど、このパネル張りで失敗する人、結構多いでしょう。周囲のトリミング具合を計算に入れなきゃいけない、とか化粧テープが破れたり剥がれたりした、なんてのはまだいい方です。印画紙そのものが部分的に黄色く変色したら、ショックはかなり大きいものでしょう。経験ありますのでわかります。

原因は木から出たアクだと言われています。
しかもこいつは乾燥した後しばらくして出現するから厄介です。
また、どの程度のものがどこに現れるか、というのもわからないので一種の賭けみたいですね。
最後の最後にこんな不確定なハードルがあるのはちょっと考え物です。

経験された方。
今もこれで悩んでおられる方。
何とかしたいでしょう。

パネル張りについての達人のノウハウは別の機会に写真付きでご説明するとして、この黄色いヤツの対処を達人たちはどうしているのか、私の取材した人々の話では・・・・・

@木面にニスを塗っておいて、アクをはじかせている人

Aパネル板と印画紙の間に糊で和紙を貼ってそれにアクを吸収させている人

の二人がおられました。

私も学生時代はこの黄色いシミに悩まされ、パネルを徹底的に水洗いする方法をとっていましたが、一歩間違えばパネルはバラバラになってしまいます。
また、水洗いを徹底的にしたからといって、アクが抜けるとも限りません。
逆にパネル板を濡らさずに印画紙の裏だけ水分を拭き取っておけば、意外によかったりします。

暗室で焼付けに苦労をしたのに、こんなところで心を折られるようなミスはしたくないものですね。
posted by 暗室奉行 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 失敗分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/187768154

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。