2011年01月23日

純黒、冷黒、温黒

印画紙にはサイズの他にRCかバライタという素材の区別があります。
号数タイプか多階調かの区別もあります。
さらに、黒の調子を表す純黒、温黒、冷黒という種類があります。
まぁ単純に墨のような黒か、暖色系か寒色系か、と考えればいいのでしょうが。

この黒の調子、メーカーで品種ごとに決まっていますが、たとえば昔の「月光調」と呼ばれるのは三菱印画紙特有の冷黒の美しさをいいます。また、イルフォードのバライタ印画紙のように純黒と温黒の二種類が存在するタイプもあります。

で、さらにその黒の美しさを強調するのが現像剤の役目です。
つまり印画紙もさることながら、どんな印画紙現像剤を使うかで結果は温黒、冷黒の傾向がはっきりいたします。

特にバライタ印画紙。

たとえば純黒調のイルフォードのFBタイプをフジ コレクトールで現像するのとオリエンタル スーパーオリトーンCBで現像するのでは違いがハッキリと出るということなのです。

前者は純黒調、後者は冷黒調の現像剤。

たとえ純黒調の印画紙でも、冷黒調の液につけると冷黒味を帯びるのです。ただ、これはRCタイプではほとんど効果はありませんが。

ちなみに効果が目に見えて現れるのは、処理時間をちょっと長めにする必要があります。
その場合、セーフライトを消しておいた方が安全です。

どうぞ、お試しあれ。
posted by 暗室奉行 at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。