2011年01月12日

印画紙の号数について

印画紙を初めて買う方、特に誰もアドバイスしてくれる人がいない場合、何を買えばいいかわからないものですが、私の場合まず「フジブロマイド紙WP FM-3」というタイプをお勧めします。

光沢紙で3号という位置付けのものをなぜ勧めるかと言いますと、光沢紙の場合、完全な暗黒環境でも手触りで確認し易いことが挙げられます。

さらに3号という号数は人によっては2号が標準だという向きもありますが、3号の次は2号、そして4号を試してみなさい、という誘導に向けての理由です。では、3号とは一体、どんな調子なのでしょうか。それ以外の号数とはどんな感じなのでしょう。

まず、3号による見本です。

0-3.jpg

2号です。ゆるやかな中間調です。

0-1.jpg

4号です。コントラストがはっきりしています。

0-5.jpg

つまり白から黒までの階調の連鎖具合が違うのです。2号の柔らかさがいい写真もあれば、4号のパンチの効いた黒が欲しい写真もあります。これら号数の選択は写真の内容や表現方法によって変わります。

しかし今では「多階調印画紙」と呼ばれる印画紙が主流になっています。号数の表示がなく、階調はフィルターの選択で自由に行ってください、というものです。フィルターはフジフィルムやイルフォードから市販されています。

たとえばフジの場合、引き伸ばしレンズに抱きかかえるような構造をしたホルダーを取り付け、そこに任意のフィルターをセットして使います。

00a.jpg

このフィルターと多階調印画紙との組み合わせにより、従来で出来なかった0号や5号、あるいは3.5号といった階調の表現もできるようになりました。
タグ:印画紙
posted by 暗室奉行 at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者向け技術解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/180262163

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。