2011年02月15日

マイフィクサー

以前、イルフォード社の専用薬剤として中外写真薬品が売り出していた定着剤に「ハイパムフィクサー」というのがありました。これは自社ライセンスのため今では「マイフィクサー」と名前が変わってしまいましたが。

この定着剤、印画紙に使用するにはいいけど、フィルムにはちょっとした注意が必要です。
非硬膜タイプなので爪のスクラッチ跡がよく出来てしまうのです。
特に夏場など高温のまま使ったりすると大変なことになってしまう。

スポンジでぬぐった瞬間に膜面が剥がれ落ちた人もいます。

メーカーになぜ硬膜剤を入れておかないの、って聞いたら、硬膜剤を入れると日持ちがしないし、処理時間も延びるとのこと。
そうなのか・・・・・。
ちなみに、この薬品は疲労度をハイポ計で測ったりできません。
たとえ新液でも測った瞬間にドボンと沈んでしまいますので、念のため。


余談ですが、中外写真薬品さんの液体の薬剤のロットナンバーの読み方には法則があります。たとえば「0123T」と記載されていた場合で最初の「0」は2010年、つまり年号の末尾を表し、「123」は123営業日に作られたものです。Tは聞いてなかったけど出荷元かな。おそらく東京のTでしょう。

ということで、何かのお役に立てれば。

posted by 暗室奉行 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。