2011年02月13日

過度な水洗の弊害について

人間、体にいいことは何でもやってみたいと思うのはアタリマエのことです。
その中の一つが「泳ぐ」ということ。
水の中で全身を使うわけですから、筋肉はほぐされて活性化する・・・これは体にとてもいいでしょう。

ところが印画紙が全身運動で泳ぐ、という環境は紙を傷めてあまりよくありません。

これ、実際にあったことですが・・・・・

売り場で勤務していた頃、こんなクレームを聞いたことがあります。
内容は、最近買った印画紙が古いものではないか、という内容。
印画紙のフチの周辺が変色して黄色味を帯びているのです。

対象となったのイルフォードのRCペーパーで25Mという六切サイズのものでした。
イルフォード社の場合、ロットナンバーは記載されているものの基本的には期限の線引きはありません。

私はすぐにメーカー(代理店)に連絡をしました。
問い合せた内容は二点。このロットナンバーの印画紙が古いものに該当するかどうか、ということと、このロットナンバーでの事故報告があるかどうか、ということ。
結果はどちらもシロ。となればお客さんの使用環境による問題が大となります。

問題の印画紙でプリントした写真を机の上において見てみると、RCペーパーのくせにずいぶん平面性が悪いように思われました。

私は事故のあった残りの印画紙を預かり、自分の家の暗室でプリントしてみました。
フチが黄色くなるという現象はまったく見られません。

結論から言えば「変色」については

1)定着時間が長すぎた
2)水洗時間が長すぎた

の二点が原因で紙の繊維が崩れて定着抜けが悪かった、ということ。

またクレーム外の「紙の平面性の悪さ」については

浴槽での水洗で大量に水を流しっぱなしにしていた可能性があるということ。
結果、水圧で泳いだ印画紙が変形してしまったのではないか、ということでした。
これ、人間で言えばドザエモンですよ。

そういえば市販のプリントウォッシャーは平面構造のものばかりです。

後日、お客さんに報告するとすべてビンゴだったようです。
浴槽で水洗処理をしている方は多いと思われますが、なかなか水圧までは考えが及ばないものです。

教訓でした。




posted by 暗室奉行 at 10:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 失敗分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。