2011年02月09日

本番プリントのデータ取り

初心者の方は、一枚のプリントを仕上げるまで結構、苦労をしておられるでしょうね。

試し焼きでデータを取って、とりあえず一枚プリントしてみる。
そして、トリミングや覆い焼き、焼き込みの必要な場所を確認してさらにデータを取る。

とまぁ、こんな具合の作業を繰り返していくのではないでしょうか。
でも、時間切れで次の機会に持ち越す場合や、引伸ばしサイズが変わる場合はどうしてます?

何かにデータのメモを残していても、おそらくそれは役に立たないでしょう。

後日、同じサイズでプリントするにしても処理液の温度が0.5℃変わるだけでデータも変わるというもの。おそらくイメージは変わっています。で、一からやり直しですか・・・?うーん、これでは効率がよくありませんねぇ。

そこで、お勧めしたいのがデータを%で残すやり方。
これ、実際に芸術系などの教育機関で教えられているやり方なのだそうです。

たとえば全体の標準露光が30秒として、そこを100%とするなら、覆い焼き箇所が24秒だとしたらそこは80%となります。焼き込み箇所があって、そこが36秒なら120%でしょうか。

通常は具体的に「秒」で覚えてしまいがちですが、プリント作業の最終の習慣にすれば案外、出来ると思います。

せっかく苦労してプリントしたのです。途中で次回に持ち越す場合、この方法はいいですね。
posted by 暗室奉行 at 08:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 初心者向け技術解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。