2011年01月18日

バライタ印画紙との格闘、その2。

DSCN2377aa.jpg

バライタ印画紙の仕上げ、実に厄介です。

いろんな人に意見を聞いてみました。フラットニング一つ取ってみても、いろんな方法があるということは、それだけ確固たるやり方が確立されていないということでしょうか。

では、その検証の一つとして、前の段階の「乾燥」を振り返ってみます。
乾燥は私が聞いた最も多い意見では、ある程度乾いてきてカールする直前になれば、アルミサッシの上に裏向けて置くというものでした。

表向けるとホコリがつくとか、カールが大きくなるという意見があります。
でも、裏向けにおいて写真に網の目がつかないのでしょうか。

いや、その点は大丈夫。
バライタの印画紙は露光面に向かってカールするものですから、さほど心配することもありません。

で、ここで注意したいのは乾燥に神経質になりすぎると、人は何度も印画紙を裏返したり表向けたりするものです。
実は、仕上げが波打ってしまうのはこれが一つの原因。
まだ水分を含んで重くなっている印画紙は重力で波打ちを発生させてしまいます。
それを表裏ひっくり返すことを頻繁にやれば・・・・・結果は想像の通りです。
とうことは、ある程度スキュィージーすれば放置しておく方が賢明なのでしょう。

また、同じカールを治すにしても、一定方向にカールしたものを治すほうが後々きれいです。
ただ、問題はカールの程度。
ひどくカールしたものより程度の弱いカールの方が、平面にしやすいのは見るからに明らかです。

話ではイルフォードのバライタよりも、フジのレンブラントの方がカールはしにくく出来ているとのことですが、それでもプリントするたびにカールの程度が違っています。これは何からくるものでしょうか。

そこにちょっと秘密がありそうですね。
ラベル:バライタ 印画紙
posted by 暗室奉行 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏ワザ・小ワザ・珍ワザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。