2011年01月14日

試し焼きから本番へ・・・あれ???

n.jpg

写真を長くやっていれば、出展のチャンスは何度かめぐってくるものです。

コンテストであれ共同展であれ、気合が入るのは当然のこと。何日も前からイメージ作り、準備、データ取り、本番といった作業を繰り返すのでしょう。私も何度か経験いたしました。

完全燃焼してベストを尽くした後はグッタリくるんですけど、どうも落ち着かない。なぜか不安になってくる。もう一度、作品を見ると、それまで気にならなかったところが気になってくる・・・・よくある話です。

なので、完全燃焼して終了宣言をしたのはいいけど、いざというときのために印画紙や薬品の予備がないと落ち着かないことがよくあります。で、よく作業終了の時に一枚だけ予備に残しておこう、とします。しかし、いつも思うのは、

(印画紙を一枚だけ残す方が、むしろ中途半端ではないか・・・)

という気持ちなんです。

だって、その一枚を失敗したらどうしようもないでしょう?
なので、安心したいがために2〜3枚残すように努めています。

けども、これで思わぬ失敗をしたことがあります。
それは、この2〜3枚残しておいた印画紙で試し焼きをした時であり、その時は別に何とも思いませんでした。普通に絵柄が出てきましたから。

で、本番プリント。
新しい印画紙の封を切ります。

同じ露光をすれば同じ絵柄が浮かび上がるはずですが・・・・・
・・・・・・・出てこないのです、絵柄が。

一瞬、印画紙の不良を疑いました。正直、ちょっとあせりました。

(何か間違えたかな?)

冷静になって二枚目も同じ条件で露光をかけます。
やはり、絵柄は出てきません。

今度は、データを無視して思い切り濃い目にプリントしてみました。するとちゃんと標準に近い濃度で出てきたのです。同じ種類で同じサイズの印画紙なのになぜ・・・・?

両者で違っていたのは製造年月日とエマルジョンナンバーだけですが。。。
実は、このエマルジョンナンバーの違いはかなり大きいことがあるのです。

特にバライタ。

私が遭遇したのはフジのレンブラントV G2でした。試し焼きをした時の印画紙と本番の時の印画紙との製造年月に差があれば、それも納得いくかな、と思ってみたりしましたが、レンブラント自体がそう古い印画紙ではありません。なのにこの結果です。

極端に古い印画紙を使った場合、よく「風邪をひいたプリント」と言って像がろくに出ないことがありますが、これはよほどのケースだと思っていました。比較的、新しい印画紙同士でこんなケースは初めて経験しました。

意外な結論で大騒ぎしてしまいましたが、実際にあったことです。
posted by 暗室奉行 at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 失敗分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。