2011年01月12日

印画紙の号数について

印画紙を初めて買う方、特に誰もアドバイスしてくれる人がいない場合、何を買えばいいかわからないものですが、私の場合まず「フジブロマイド紙WP FM-3」というタイプをお勧めします。

光沢紙で3号という位置付けのものをなぜ勧めるかと言いますと、光沢紙の場合、完全な暗黒環境でも手触りで確認し易いことが挙げられます。

さらに3号という号数は人によっては2号が標準だという向きもありますが、3号の次は2号、そして4号を試してみなさい、という誘導に向けての理由です。では、3号とは一体、どんな調子なのでしょうか。それ以外の号数とはどんな感じなのでしょう。

まず、3号による見本です。

0-3.jpg

2号です。ゆるやかな中間調です。

0-1.jpg

4号です。コントラストがはっきりしています。

0-5.jpg

つまり白から黒までの階調の連鎖具合が違うのです。2号の柔らかさがいい写真もあれば、4号のパンチの効いた黒が欲しい写真もあります。これら号数の選択は写真の内容や表現方法によって変わります。

しかし今では「多階調印画紙」と呼ばれる印画紙が主流になっています。号数の表示がなく、階調はフィルターの選択で自由に行ってください、というものです。フィルターはフジフィルムやイルフォードから市販されています。

たとえばフジの場合、引き伸ばしレンズに抱きかかえるような構造をしたホルダーを取り付け、そこに任意のフィルターをセットして使います。

00a.jpg

このフィルターと多階調印画紙との組み合わせにより、従来で出来なかった0号や5号、あるいは3.5号といった階調の表現もできるようになりました。
ラベル:印画紙
posted by 暗室奉行 at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者向け技術解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

冬の暗室作業の工夫

今日も寒いです。
布団から出られない。
けど仕事があるし、いかなきゃ。

ところで、冷暖房のない部屋で暗室作業をするのって結構、気が滅入る話ですね。
私もマンションの廊下と玄関を使っての暗室作業だったもので、特に冬場は堪えました。
ホットカーペットを敷いたり、お湯を汲んできたりいろんなことをやってみました。

中でもお笑いなのが、電気こたつを立てかけてやれば暖かさとセーフランプの効果の一石二鳥が実現できないか、というものでした。

結果は・・・・・・×。

見事にカブります。
赤っぽい暖かい光、ということで飛びついてみたけど、「赤っぽい」だけじゃだめなんですね。

達人たちに温度対策を聞いたところでは、処理液のバットの周辺をいくら温かくしても効率が悪く、室温そのものの維持に努めなくてはいけないとのこと。


そりゃそうですね。
となれば、やはり温風ヒーターの出番でしょうか。



ラベル:こたつ 暗室
posted by 暗室奉行 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏ワザ・小ワザ・珍ワザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

暗室の豪華さと作品の出来は比例しない。

o.jpg

このサイトをお読みの方の中に、自分でも暗室を作ってみたい、モノクロ写真をやってみたい、という方はいらっしゃるでしょうか。もし、いらっしゃったら一つ心に留めておいて欲しいことがあります。

それは決して豪華な暗室と結果は比例しない、ということです。

アンセルアダムズの本では暗室の理想像とでもいうのかな、レイアウトのプランについて細かく書いている部分があります。作業効率や居住性を考えれば確かに参考になります。しかし貴方がもし、金に糸目をつけずにそれが出来る方でも、お勧めいたしません。なぜだかわかりますか・・・・?

それは、暗室環境を立派にしたために作品の力を失い、衰退していった愛好家、写真家をたくさん見てきているのです。今のところ例外はありません。

私の師匠の師匠がそうでした。自宅の離れに暗室部屋を作り、作品活動を始めたとたんに自分から「モチベーションが下がった」と漏らされました。なぜでしょう・・・?

また、これも十年近く前の話ですが当時、芸大に通っていた女性の知人がそうでした。女性の暗室というものに興味があって、ぜひ取材させて欲しいと願い出たのですが、暗室を改装するから待ってて欲しい、という返事でした。

ところが、その後一向に取材OKの返事が来ません。確かに暗室を改装した直後は喜んでいたのですが、それから作品らしい作品に出会うこともなく、彼女はモノクロ写真を辞めてしまいました。

何があったのか聞くと「気が入らなくなった。」という返事だけ。
今はマンガ部屋になっているそうです。

プロの方からも似たようなことは数例聞きました。私は「気が分散した」と見ているのですがいかがでしょう。

皆、暗室作業をするにあたり、大なり小なりの苦労を超えていくものなのでしょうね。私もマンションの廊下と玄関だけだったから続いたのかもしれません。

プロや達人の中には階段の下や風呂場、物置の一角を利用して作業している人も多々いらっしゃいます。でも、作品はものすごく見ごたえのあるものが多いのです。苦労を乗り越え、楽しみと結果を求めるのは登山に例えられるかも知れません。

私はそれをとてもステキな事だと思います。
ラベル:暗室
posted by 暗室奉行 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 暗室について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。